スタッフブログ

DATE:2016年08月30日

兵庫県尼崎市で整理作業のアドバイスをしました

連日の酷暑の中、我々のスタッフは元気に現場へと出て、整理作業を続けています。

先日の現場作業の時には、私自身、熱中症気味となり、体調を崩してしまいましたが、頑張って見積りに駆け付けています。

私たちは、現場作業はもちろんのこと、現場の前段階の見積り、さらには営業活動を行ないます
この時期、エアコンのきかないゴミ部屋で生活を続けると、最悪のケースとしては孤立死してしまうことになります。
ご家族も、それを危惧しており、一日でも早くゴミの撤去に取り掛かりたいと考えています。

昨日は兵庫県尼崎市で、見積もりをおこないました。
独居高齢者のゴミ部屋現場でしたが、問題を抱えたご本人。
周りで支援したいという善意の申し出に対して、拒否が入っています。拒否されてそのまま放置しておけば、必ず孤立死してしまう状況です。

私たち整理人の目からすると、まさにそれは言える話で、これまでにも多くの孤立死や孤独死の現場を見て、整理してきているからこそ断言できるのです。
民間の事業所の立場ですが、我々民間にもできる「見守り」は、日常の活動のなかで、これからも続けていきたいものです。

連日の猛暑続きです。
この暑さに負けずに、ハート・スマイルでは遺品整理事業に真摯に向き合います。

Copyright © 2015 ハートスマイル遺品整理 All Rights Reserved.